胃がん検診によって胃がんの発症率を下げられます

胃とは胃袋のことで、口から摂取した食物や飲み物が食道を通過した後で蓄えられたり、摂取したものを消化する役割を果たしている臓器です。


胃がんの多くは粘膜の細胞から発症することがわかっており、胃がんは早期に発見することができれば、多くの場合は内視鏡手術によって完治することが可能となっています。

胃がんの死亡率は年々少しずつ減っているものとなっていますが、日本人にとって発症しやすい病気と言うことができるもので、がんの部位別の死亡者数でみると男性では第2位、女性では第3位ということで依然として脅威をもたらすがんと言えます。



胃がんの早期発見を行うためには、がん検診の受診が有効となります。

早期の胃がんを発症しているときには、自覚症状を感じることはあまりないと言えます。

がん検診についてよくある質問に関する情報が幅広く集まります。

また、進行している状態であっても症状を感じないこともありますが、代表的な症状としてはムカムカすることや体重の減少、貧血、食欲不振などがあります。
胃がんの症状を感じることは稀と言えますので、日頃からの生活習慣の改善に注意することや、定期的にがん検診を受診することで異常がないかどうか確認しておくことが、最善の防御策であると言えます。
胃がん検診で受診することができる検査としては、血液検査や尿検査、腹部超音波検査、胃バリウムを使用した上部消化管造影検査、腹部CT検査などがあります。

胃カメラを飲むことで検査を行う経口上部消化管内視鏡検査や、ペプシノゲンとヘリコバクター・ピロリ抗体価検査などを受診することもできます。